恐竜絶滅した原因は巨大な隕石が地球に衝突したことが原因だと信じられていますが


6500万年前に恐竜が絶滅した原因は、巨大な隕石が地球に衝突したことが原因だと今では信じられているのだと思うのですが、そうではなくて強い酸性雨が原因ではないかと日本の大学の研究チームが発表していました。

やはり恐竜絶滅のきっかけは巨大隕石の衝突にあるようですが、その結果として三酸化硫黄と呼ばれる物質が大量に放出されたことがわかったのだそうです。

これが強い酸性雨となって地球全体に降り注ぐぎ、恐竜達が絶滅した原因となったのではないかと新しい仮設が発表されていました。

以前ですと巨大隕石の衝突で太陽光が地球に降り注がなくなり、草木が育ちづらくなることで次第に恐竜達の食べるものがなくなり絶滅したと理解していたのですが、それ以外の可能性もあるようです。

今回の強い酸性雨も一つの原因なのかもしれませんし、隕石の衝突でいろいろな自然現象が起こったことから恐竜達が絶滅したということなのでしょうか。